救護施設 大野荘全景
ホームホーム > 救護施設大野荘(最新情報・お知らせ) > 班別活動

班別活動

 利用者の社会復帰に向けて、作業能力・体力の増進を図っています。

 能力及び個性に応じたグループ別活動と各人の役割分担により、社会適応能力や自立心を養い、体験学習・自立訓練・地域生活を経験する事により勤労意欲の向上に努めています。又、リフレッシュや情緒の安定を図るため、適宜レクリエーションや散歩などを実施しています。

こでまり班

室内班

 委託作業を中心として、利用者に安定した作業種目を取り入れています。作業賃金は出来高払いとし、労働意欲の向上を図っています。

 プラスチック部品の加工・製品の袋詰め・墨汁キャップの組み立て・菓子箱の箱折りなど、多くの作業種があります。


のぞみ班

のぞみ班

 利用者に継続した作業種目を取り入れて安定した作業を確保し、日中活動における労働意欲の向上につなげています。

 作業内容は、陶芸品の作成・布製品の作成・プラスチック部品の加工などです。

内勤班

内勤班

 内勤実習班として、炊事班と洗濯班があります。炊事班は給食業務の補助をしています。洗濯班は洗濯専門職員の補助をしています。

 いずれも調理員・洗濯専門職員の支援のもと作業を行っています。


農耕班

農耕班

 施設の近くの農地を利用して、野菜の栽培を行っています。イベントや業者への販売も行っています。

 利用者の年齢や能力を考慮し、相互の協調性を図りながら、作業活動をしています。野菜が採れた時のよろこびが持てるよう支援しています。

 ジャガイモ・さつま芋・里芋・たまねぎ・キャベツ・白菜・大根など多くの野菜を栽培しています。



なごみ班

療育班

 重度高齢の利用者を対象に、介護と心身の機能の維持を目的に、入浴支援や日々の健康観察・身の回りのお世話をしています。
  又、軽運動や造形活動・趣味の活動を通して、生き甲斐作りやゆとりを持った生活が送れるよう支援しています。



▲このページのトップへ